製品案内 SPHinx-SOLID

  • TOP
  • 製品案内 SPHinx-SOLID

SPH粒子法による構造解析プログラム

SPH粒子法による構造解析プログラム
  • SPH粒子法は、FEMにおける要素やFDMにおける格子を必要としない、メッシュフリー解析手法であり、かつLagrange的解析手法です。
  • 格子を空間に固定するオイラー(Euler)的手法は、流体解析などの広域な運動を取り扱う解析に適していますが、履歴を追跡できないこと、また移流項の精度確保が困難となるなどの問題があります。
  • 格子を空間に固定するオイラー(Euler)的手法は、流体解析などの広域な運動を取り扱う解析に適していますが、履歴を追跡できないこと、また移流項の精度確保が困難となるなどの問題があります。
  • SPH粒子法は、ラグランジュ的手法でありながら、流体的に自由な運動を容易に記述できるという点で、上記の両者の問題点を補い得る優れた解析技術です。

SPH粒子法の基本的な考え方

SPH粒子法の基本的な考え方

SPH粒子法の基本的な考え方が入ります。SPH粒子法の基本的な考え方が入ります。SPH粒子法の基本的な考え方が入ります。SPH粒子法の基本的な考え方が入ります。SPH粒子法の基本的な考え方が入ります。SPH粒子法の基本的な考え方が入ります。SPH粒子法の基本的な考え方が入ります。

SPHinx-FLOWの特徴
  • メッシュレス解析で、複雑形状データ生成が極めて容易
  • メッシュ破綻が発生しないため、超大変形まで解析が可能
  • 構造物の破壊プロセスといった、クラック進展などの表現が容易
  • GPGPUによる並列計算の大規模問題を高速に解析

SPHinx-SOLIDは汎用解析ソルバーであり、様々な工学問題の解析に適しています。
具体的な適用・応用例を次のページでご紹介いたします。

適用分野・活用例のページへ
解析機能
構造解析
  • 線形解析/非線形解析
  • 幾何学的非線形:大変形、大ひずみ
  • 材料非線形:弾塑性、粘弾性、超弾性
  • 境界非線形:接触、摩擦
伝熱解析
  • 熱伝導/熱伝達/相変化/接触による熱伝導
  • 定常解析/非定常解析
連成解析
  • 構造-伝熱、構造-流体、構造-伝熱-流体
使用環境
  • Windows XP 以降
  • Red Hat Linux
  • GPU(GeForce, Tesla シリーズ)
page top