製品案内 SPHinx-POWDER

  • TOP
  • 製品案内 SPHinx-POWDER

粉体解析のためのDEM-SPH粒子法連成解析理論

粉体を圧縮成形する場合、その初期段階では粉体粒子間において比較的大きな空隙が存在するため、粉体粒子を孤立した粒子と考え個別要素法(DEM)を用いて解析します。圧縮成形が進み、粉体粒子が十分詰まって一体化した状態になった時点で、今度はSPH粒子法を用いて解析を継続。すなわち、DEMとSPH粒子法の連成解析手法を用いることにより、粉体の全圧縮成形過程の挙動をシミュレーションすることが可能となります。

粉体解析のためのDEM-SPH粒子法連成解析理論

SPH粒子法の基本的な考え方

SPH粒子法の基本的な考え方

SPH粒子法の基本的な考え方が入ります。SPH粒子法の基本的な考え方が入ります。SPH粒子法の基本的な考え方が入ります。SPH粒子法の基本的な考え方が入ります。SPH粒子法の基本的な考え方が入ります。SPH粒子法の基本的な考え方が入ります。SPH粒子法の基本的な考え方が入ります。

SPHinx-POWDERの特徴
  • DEM-SPH粒子法の連成解析手法を導入
  • 熱を考慮した圧縮性粉体の挙動を精度よく評価できる
  • 流動する粉体の攪拌解析を行うことができる
  • GPGPUによる並列計算により大規模問題を高速に解析

SPHinx-POWDERは、粉体の圧縮成型・攪拌の専用解析ソルバーであり、様々な成型問題の
解析に適しています。具体的な適用・応用例を次のページでご紹介いたします。

適用分野・活用例のページへ
解析機能
圧縮成形解析
粉体伝熱解析
粉体変形解析
粉体破壊解析
攪拌解析
使用環境
  • Windows XP 以降
  • Red Hat Linux
  • GPU(GeForce, Tesla シリーズ)
page top