製品案内 SPHinx-FLOW

  • TOP
  • 製品案内 SPHinx-FLOW

SPH粒子法の基本的な考え方

SPH粒子法の基本的な考え方

SPH粒子法の基本的な考え方が入ります。SPH粒子法の基本的な考え方が入ります。SPH粒子法の基本的な考え方が入ります。SPH粒子法の基本的な考え方が入ります。SPH粒子法の基本的な考え方が入ります。SPH粒子法の基本的な考え方が入ります。SPH粒子法の基本的な考え方が入ります。

SPH粒子法の基本的な考え方
SPHinx-SOLIDの特徴
  • 圧縮性、および非圧縮性粘性流体を扱うことが可能
  • 熱を考慮した流動挙動を精度よく評価できる
  • 鋳造湯流れ、凝固・収縮計算を行うことができる
  • 射出成形、冷却解析を行うことができる
  • GPGPU並列計算により大規模問題を高速に解析

SPHinx-FLOWは、様々な流動する挙動のシミュレーションに適しています。
具体的な適用・応用例を次のページでご紹介いたします。

適用分野・活用例のページへ
解析機能
射出成形
  • 射出制御、金型冷却
鋳造解析
  • 湯流れ、凝固・収縮
流体攪拌
一般流体解析
使用環境
  • Windows XP 以降
  • Red Hat Linux
  • GPU(GeForce, Tesla シリーズ)
page top